×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

のし袋書き方

のし袋の書き方.思い起こせば結婚時の引き出物から始まり、出産・お宮参り・七五三の御祝い返し。
こちらが返す立場の時は、大体表書きは『内祝い』でOKだからまだ簡単なんです。
逆にこちらが祝う立場の時は得にチェックが厳しいのです。のし袋の書き方に関していろいろと書いています。
のし袋の書き方で、その人の常識力や人間性がでるものだと思います。
例えば、私が結婚する際にもらったもので例を挙げると…。冠婚葬祭、それぞれの場合でのしや袋の種類・書き方って違うらしい。
社会人になるまで冠婚葬祭等は無縁で、のしなんて書いた事なかったからなぁ。
結婚の場合の水引きは結び切りか結び留め、というもの。。
何回も起こったら困る出来事の時は、蝶結びみたいなループしている形のは避けるらしい。
知らなかった〜、派手な蝶結びの方が喜ばれると思ったのに。
お祝い事だから失礼の無いようにしないとね。
という事は、退職の餞別の場合は??
結婚による退職だから、同じようにループしてないものでいいのかな。
のし袋の書き方は結婚祝は『御祝』、餞別の表書きは『御餞別』だそうだ。

スポンサード リンク

結婚 のし袋 書き方

結婚 のし袋の書き方「寿」の下って自分の名前を書くんですよね?
バイト先で貰ったのしの資料(本のコピー)によると、表書きに「寿」と書くのは「結婚祝い(金品ではない)」「引き出物」「媒酌人へのお礼」「仏式で僧侶へのお礼」だそうです。地域によって異なりますが、一般的にはご祝儀に「寿」とは書かないようです(一般的には書かない表書きも「書いて!」と言われたら、その旨を伝えた上で書いていましたが・・・「分からないからプロに頼んだのに、間違いをどうして指摘してくれないの!?恥かいたじゃない!」と言われないようにするため・・・)
そしてご祝儀は、「御祝儀」と書けばいいみたいですよ。
・相手の名前は書きません。結婚以外でも「のしに相手の名前を書く」ことは無いです。
結婚 のし袋の書き方でもう1点、のし袋の選び方にも注意しましょう。
水引が問題になります。
結婚祝いは「金銀」の水引きで、「しっかり結んであるもの(結びきり)」を使います。
よくある「蝶結び」はほどけるので、何度あってもいいお祝いに、例えば出産祝いなどに使います。

冠婚葬祭 のし袋 書き方

冠婚葬祭などで、のし袋とかに名前を書く時に、よく筆ペンなどを使うことが多いと思いますが、冠婚葬祭ののしぶくろの書き方は、色々ありますが、冠婚葬祭のこんなとき?のし袋どう書くの?」が、たくさんの疑問です。いきなりデザインと位置についてですが、のし紙やのし袋の熨斗のデザインが、慶弔用品メーカーによって異なっています。大きく分けて東日本と西日本によって異なっており、東日本の熨斗は濃紺色に黄色の松竹梅を簡素化して配したデザインで、江戸の粋(いき)の流れを汲んだものであるのに比べ、西日本の熨斗は松竹梅と鶴亀をモチーフに多色刷になっているのが特徴で、京の華ぎ(はなやぎ)の流れを汲んだデザインとなっています。
また、熨斗の配置箇所も東西で異なっており、東日本は熨斗が水引に掛かっているのに比べ、西日本の場合は水引から離れた位置に熨斗がデザインされています。東日本のそれが、左右に結ばれた水引に挟み込む形で添えられていた本来の熨斗の取り付け位置に近いデザインであるのは、古来よりのしきたりを出来るだけ踏襲したいとの考えで、西日本のそれは新しい慶弔文化を作り育てようとする考えからの発祥です。

Copyright © 2008 のし袋書き方